医療ソーシャルワーカーとは

医療ソーシャルワーカー(以下MSW)という名称は主に医療機関で働く相談員のことを指しています。
所属する医療機関によって呼び名が「ソーシャルワーカー」「ケースワーカー」「相談員」などに変わります。仕事内容にも若干の違いがありますが、その仕事の根本となる部分は同じで、「患者さん、ご家族の抱く不安や問題を一緒になって考え、解決へと歩めるよう支援をする専門家」がMSWです。
私たちは病気や怪我などのために、抱くこととなった不安や問題について相談に応じ、社会資源と言われる国や市区町村が実施している制度の概要や申請方法を紹介したり、医療・福祉に関する不安や問題に対して、患者さんやご家族と一緒に取り組み、解決に結びつく方法が見つかるように支援いたします。
以下に、『医療ソーシャルワーカー業務指針』から抜粋した業務内容を掲載します。

生活と傷病から生じる療養中の心理的・社会的問題の解決・調整援助
退院・退所時に生ずる心理的・社会的・経済的問題解決の援助、調整を行う退院援助


退院・退所後の社会復帰が円滑に進むよう、心理的・社会的・経済的問題解決の援助、
調整を行う社会復帰援助


適切な医療の受け方の援助、心理的・社会問題についての情報収集、問題理解援助、
医師・看護師等への情報提供及び問題解決の援助等、受診・受療援助
医療費・生活費などに関わる経済的問題の解決、調整援助
関係機関と連携し地域の保健医療福祉システム作りに参画する地域活動

医療ソーシャルワーカーが貴方の抱える不安や問題解決のお手伝いすることができるかもしれません。
概ね、MSWがいる病院のほとんどでは相談窓口が案内されています。 最近では病院の中の地域連携室という部署にMSWが所属していることが増えていますので、 病院のホームページで「相談窓口のご案内」「地域連携室」で相談に対応されているか検索してみるのも一つの方法です。
<注意>
当ホームページおよび協会事務局にて患者さん個人に関する相談はお受けできません。
ご相談はかかりつけの病院、もしくは最寄の医療機関等の相談窓口へお願いします。