協会について

当会は、群馬県内の医療・保健・福祉の関連施設等で働いている医療ソーシャルワーカー(MSW)の団体です。 当会は、社会福祉の増進と資質向上、地位の確立を図るために、昭和37年に設立されました。 私たちは医療社会事業の発展を図り、以て公衆衛生の向上と社会福祉の増進に寄与することを目的とし、各種研修会及び関係諸団体との連携協力を行なっています。

沿革

1962年(昭和37年)8月14日
「群馬県医療社会事業協会」として設立 会員数 27名
2001年(平成13年)5月
「群馬県医療ソーシャルワーカー協会」へ名称変更
2012年(平成24年)5月24日〜5月26日
第60回 公益社団法人 日本医療社会福祉協会 全国大会
第32回 日本医療社会事業学会 in 群馬 を開催
2013年(平成25年)7月15日 海の日
第1回 ソーシャルワーカーデー2013 in 群馬 を開催
県社会福祉士会、精神保健福祉士会との合同行事を敢行
テーマ:「ソーシャルワーカーは社会に認められているか?」
2013年(平成25年)9月26日
創立50周年記念事業 記念講演会(一般公開) を開催
講師 ヘネシー澄子 先生(クロスロード・フォー・ソーシャルワーク社 所長)
テーマ:「心的トラウマの最新知識〜日本のソーシャルワーカーの役割の再検討〜」

組織図